【行事名】「神戸川の生きもの」 ●半田市環境課主催

【日 時】2022(令4)年9月17日(土) 9:30〜11:20
【場 所】青山公園近くの神戸川
【天 気】晴(&夏日)
【担 当】榊原靖、森下保
【参加者】
             (指導員:浅井一、安達典、石川よ、石川由、門脇重、榊原靖、鈴木、田中央、牧野、森下栄、森下保、山田和)
【内 容】
 例年通り、主催者の挨拶とお話、指導員のお話、続いて、川に降りて、魚などのつかみ方の説明の後、川に入って、家族単位で頑張りました。
 今回は、初めて、大きな "鯉(こい)" が二匹捕れた。大きすぎて、説明会場まで運ぶのが大変なため、川の中で "鯉との触れ合いタイム" をした。子どもたちの多くが、さわりたがって、順番にさわったり抱っこしたりしていた。
 思うに、生きて泳いでいるこんな大きな魚を "さわる" 体験は、大人でも、なかなか、無いことなので、子どもにとっては、すごい体験なのであろうと推測。来年も、是非、体験させてやりたいが、果たして、つかまえられるかどうか…。     (記:榊原正)

【観察した生き物】
※ 省略
【観察会の様子】

【左】指導員からの始めのお話    【右】川での生きもののつかまえ方説明


【左】お魚と触れ合う  【右】説明。手前…魚類、向こう…魚類以外の生きもの

【観察会の様子-追加】

【左・中・右】大きな鯉(こい)2匹。鯉との触れ合いタイム。さわりたい希望者多し


【左】鯉と触れ合う。ちょっと、こわい  【中・右】つかまえた魚類の説明


【左・中】つかまえた魚類以外の説明  【右】主催者からのお話。アンケートや次回開催のお願い


これまでの観察会へ   トップページへ