【行事名】 「草木川の生き物観察」   ● 阿久比ブロック主催

【日 時】 2017年7月16日9:30〜11:30
【場 所】 正盛院P〜草木川
【天 気】 晴れ
【担 当】 平松裕、田中央
【参加者】 一般 大人 2名, 子ども 1名
      (指導員:浅井一、大矢晃、角脇重、榊原正、田中央、平松裕、古川)
【内 容】
 非常に暑い日で、川の観察会日和であった。草木川は深みと浅瀬の差が大きく、転石も多くて歩きにくいが、タイリクバラタナゴとヨシノボリが多く、福山川とは全く違う様相をしていた。ハグロトンボが飛び交い、石はコケで滑りやすくヘドロも多い。観察会の場所の下流はしっかり除草されており、人の手が行き届いている感じで、ミシシッピアカミミガメだらけでした。深いところがあること、滑りやすいことを注意すれば、日陰も多く楽しめる川でした。

【観察した生き物】
・魚 類:タイリクバラタナゴ、オイカワ、ブラックバス、ハゼの仲間、モツゴ、二ホンメダカ、ヨシノボリ、フナ、マドジョウ
・昆 虫:ハグロトンボ、コオイムシ、マツモムシ、コクワガタ
・その他:カワニナ、モクズガニ、テナガエビ、アメリカザリガニ、ヌマガエル、ウシガエルオタマジャクシ、ヌマガエルオタマジャクシ、アマガエルオタマジャクシ

【観察会の様子】


【左】主催者あいさつ。木陰があって嬉しい    【右】川への昇降場所(前方の木陰)へ移動



【左】採集活動の様子         【右】ミニ水族館でしっかり観察 & 生きもの解説

【観察会の様子-追加】


【左】お魚、いないかな      【中】おじさんがヤルと、お魚がいっぱい…      【右】木陰で休憩


【左】胴長を脱ぐと、幸せ感…充満   【中】 帰り道、コクワガタを見つけた    【右】つかまえた種類を確認


【左・中・右】ミニ水族館。きれいな水そう、きれいな水がミニ水族館を引き立てる


【左】コオイムシの♂(オス)    【中】オイカワの♂      【右】コクワガタの♂


これまでの観察会へ   トップページへ