【行事名】 海辺の生き物を観察しよう   ● こども未来館 主催

【日 時】 2017年6月10日(土) 9:30〜11:30
【場 所】 知多市 新舞子海岸
【天 気】 快晴
【担 当】 中井康、吉川勉
【参加者】 (一般)こども16名、おとな15名  (こども未来館職員)3名
       指導員:榊原正、浅井(一)、吉房、南川、吉川勉
【内 容】
早朝から快晴、暑い日となりました。
干潮は、午後12時30分頃でしたが、朝から潮干狩りのお客さんで駐車場が満員!こども未来館のスタッフは参加者の駐車場確保と整理で9時前から大忙し!
砂浜に集まった子ども達に囲まれ、先ずは挨拶、お手伝いする知多自然観察会のメンバーの自己紹介の後、早速みんなで海辺に急行。まずは干潟の砂堀から.....
知多自然観察会のメンバーは、玉網や四手網で魚すくいに協力。子供たちと一緒になって幼魚と追っかけっこ、魚の素早さに負けていたね。 その後、捕獲した生きものを、それぞれ2つの”魚類のお店”、”魚類以外のお店”に用意された容器に移しながら、”これ何?”など、ワイワイ賑やかに交流が進みました。
そして、終わり頃にそれぞれのお店でお話しが始まり、途中でお店を交代して参加者全員が両方のお店で生きもの説明に聞き入って、みんなで順番に触ったりなどして、子供たちは楽しそうでした。
最後に、みんなで集合写真をパチッ。(記・吉川勉)

【観察した生き物】
 ◎ 魚 :マハゼ、ミミズハゼ、ヒメハゼ、セイゴ
 ◎ エビ・カニ類:アナジャコ、マメコブシガニ、ケフサイソガニ、イソガニ、ヤドカリ
 ◎ 貝類:シオフキ、ハマグリ、クチバガイ、アサリ、カキ、イソシジミガイ、イボニシ
 ◎ その他:アナアオサ、ミズクラゲ

【観察会の様子】


【左】主催者あいさつ と 担当指導員の話    【右】最高の親子遊び-水遊び&砂遊び


【左】指導員と一緒に漁をする     【右】つかまえた生きものを見る-魚やカニさん

【観察会の様子-追加】



【左】水辺は何と言っても楽しい-水あそび?  【中】バットの中のカニさん遊び  【右】アオサを持って“ハイ、ポーズ”


【上の1枚】 セイゴ (幼)



トップページへ