【行事名】 アオウミウシを見つけよう    ●南知多町環境課主催

【日 時】 2017年6月10日(土) 9:30〜12:00
【場 所】 県水産試験場P⇒峠海岸
【天 気】 晴れ
【担 当】 田中(達)、森田(博)
【参加者】 一般64名(大人24名 子ども40名) 町職員3名
       指導員7名>大矢(晃)、門脇(綾)、門脇(重)、田中(達)、永田(孝)、永田(博)、森田(博)
【内 容】
 今回で3回目となるアオウミウシを見つけようが晴天のなか開催されました。
 県水産試験場駐車場から峠海岸までの道のりは、徒歩で漁港内の生き物を観察しながら進みました。峠海岸に到着すると、「滑って危険なので絶対に走らないこと。生き物は素手では絶対に触らないこと。」だけを注意すると、思い思いの場所で観察会が始まりました。
 お目当てのアオウミウシは4人の子どもが見つけてきました。いつものことですが、子ども達の観察眼は素晴らしいと感じました。
 今回の観察会については、生き物の名前の説明をするのではなく、どんな場所にどんな生き物が生息しているのかを知り、生き物に触れる観察会としました。触っても大丈夫な生き物については、どんどん子ども達に触ってもらいました。
 なお、昨年と同様、この観察会については、豊浜漁業協同組合さんの特別な許可を得て実施しています。(記・田中達)

【観察した生き物】
<ウミウシの仲間>アオウミウシ、キヌハダウミウシ、クロシタナシウミウシ、アメフラシ
<魚の仲間> ナベカ、ボラ、メジナ、キヌカジカ、アナハゼ
<ウニ、ヒトデ、ナマコの仲間>マナマコ、ムラサキウニ、イトマキヒトデ、バフンウニ、サンショウウウニ、ヤツデヒトデ、クモヒトデの仲間
<エビ、カニの仲間>ヒライソガニ、クロフジツボ、イワフジツボ、カメノテ、イシガニ、イソガニ、オウギガニ、ヨツハモガニ
<貝やイカ、タコの仲間>スガイ、コシダカガンガラ、イシダタミ、ヒザラガイ、ウノアシ、マガキ、ヒメケハダヒザラガイ、ヘナタリ、カモメガイ、イボニシ、マツバガイ、オオヘビガイ、キクノハナガイ、ナミマガシワ、ヨメガサ、スカシガイの仲間
<ゴカイの仲間>ヤッコカンザシ、エゾカサネカンザシ、オトヒメゴカイ
<クラゲやイソギンチャクの仲間>ヨロイイソギンチャク、ミドリイソギンチャク、ミズクラゲ
<カイメンの仲間>ダイダイイソカイメン、クロイソカイメン、ムラサキカイメン
<海草類>ヒジキ、ワカメ、アナアオサ、ヒライボ、イシゲ、タンバノリ、アラメ、ウミウチワ、キョウノヒモ
<その他>生痕化石、フナムシ、イソヘラムシ、サンハチウロコムシ、ウミケムシの仲間

【観察会の様子】


【左】アオウミウシ        【右】アオウミウシを見つけた4人の子ども


  【左】そこに何かいるよ                    【右】参加者

【観察会の様子-追加】

【左】アメフラシ触れたよ        【中】アオウミウシを見つけた          【右】アオウミウシ


【左】何か見つけたかな                  【右】わかちあい




トップページへ