【行事名】 「地層岩石調べ化石採集」    ● 南知多町環境課主催

【日 時】 2018年2月11日(日) 9:30〜12:00
【場 所】 農協みさき支店P⇒近くの海岸の崖
【天 気】 晴れ
【担 当】 河原、田中達
【参加者】 一般52名(大人24名 子ども28名)
       指導員9名:(河原、桑原、鈴木汎、田中達、永田孝、永田寛、森田博、山田和)
       化石専門講師3名、町職員2名、大井まちづくり協議会事務局長(取材)
【内 容】
 当日は夜半過ぎまで雨が降り続きましたが、朝には少し寒い中にも青空が戻る、そんな一日でした。
 この観察会には、県内外から52名の一般参加者ありました。集合場所となっている農協みさき支店から会場までは徒歩で移動し、採集地の崖の前で、この地域の地層の成り立ちや落石の危険性などの説明ののち、一斉に化石探しが開始されました。
 石を割って化石を見つけては、講師の先生方に種類の特定してもらい、その説明に熱心に耳を傾けている姿を多くみることができました。このあたりの地層(師崎層群)からは深海性の生物の化石が多く採取でき、シロウリガイやキララガイ、ウニの仲間の化石を見つけた参加者が多く見られました。
 化石採取の後には、毎年恒例となっている日本の鉱石がもらえるくじ引きが講師の計らいによりおこなわれ、全ての参加者が楽しむことができました。(記:田中達)

【観察会の様子】


【左】化石専門講師による化石の説明     【右】お母さんと化石採取


  【左】お父さんと化石採取          【右】参加者集合写真


トップページへ