【行事名】 「川のメダカたち」  ● 常滑ブロック主催

【日 時】 2015年7月26日(日)  9:30〜11:30
【場 所】 前山川(下手橋付近)
【天 気】 晴れ
【担 当】 降幡、中井三
【参加者】 大人 8名 子供 10名  指導員7名  合計24名
               指導員:降幡 榊原靖 榊原正 森下保 森下栄 古川 中井三

【内 容】
 常滑市青海市民交流センターPに9時半集合。
 猛暑日が続き大変な日と思っていたが、今朝はちょっと涼しい30度にはなっていない。
 挨拶の後、前山川(下手橋付近)の観察場所に移動。参加者の多くは幼児 小学校低学年で、川に降りることから指導となった。
 10時前 川に入った。子供たちから “カニ!めっちゃいる!”と歓声が上がり、こども達は動くものには興味大。
 水の中は気持ちがいい。事前に下草を刈り、下手橋の下(日陰部分)に分かち合いと休憩場所を設け、川へも入り易くした。橋の下は風があり涼しい。
 10時40分頃には川からあがり、榊原靖指導員の周りに集まり、皆で集めた生き物の一つずつを丁寧な説明を受けた。カニのオスメスを見比べた。今回は生き物の種類が少なかった。・・・
 11時過ぎ、生き物を川に戻し解散。

<観察をしたもの>
 ・マハゼ ゴクラクハゼ カダヤシ(外来) ウナギ
 ・テナガエビ ミゾレヌマエビ
 ・クロベンケイガニ モクズガニ
 ・シジミ(ヤマトシジミ) イシマキガイ カワニナ
 ・ハグロトンボ シオカラトンボ♂ アオスジアゲハ
 ・オオフサモ(外来)     (記:中井三)

【観察会の様子】

【左】担当指導員のあいさつ           【右】採集の様子


【左】採集の様子-カニさんつかみ   【右】採集した生きものの説明

【観察会の様子-追加】

【左】観察地点に到着    【中】橋の上で現場の説明や注意    【右】川へ降りる


【左】橋の下の日影で川に入る前の注意 【中】採集の様子 【右】説明会場の準備…この時間、子どもたちは嬉しい

トップページへ