【行事名】春の息吹に触れよう(草・花・虫)

【日 時】2019(H31)年 4月 7日(日) 9:30〜11:30
【場 所】武豊別曽池公園周辺
【天 気】晴れ
【担 当】畑中、古川
【参加者】一般 7名(大人4、小3)
     指導員:浅井一、石川よし子、石川由、伊藤伸、鈴木汎、畠、畑中、古川、(畑中 記)
【内 容】
 今年度最初の観察会。一般参加者はお父さんと兄弟の親子、お母さんと女の子の親子、それに久しぶりの参加となる女性1名、指導員8名を加えて総勢15名。
 桜が見ごろを迎え、木々の新芽も一斉にふきだして、足元の草花も柔らかくも葉や花をピンと力強く伸ばしていて、とっても春らしい中の観察会でした。
 田の畔では春の七草のセリ、ナズナ(ぺんぺんぐさ)、ゴギョウ(ハハコグサ)、ハコベラ、ホトケノザ(コオニタビラコ)が揃い、用水路ではドジョウ、ザリガニ、ヨシノボリ、オタマジャクシが見つかり、子供も大人も大喜びでした。
 ウグイスの声や、シュレーゲルアマガエルの鳴き声が聞こえる中、飛び始めた昆虫の話や自然の中でいろいろな不思議を楽しむコツなどの話を聞きながらの、楽しい観察会ができました。


トップページへ