− オカチョウジガイ vs キセルガイ −

 タイトル画像のとおり2015年5月2日の日本農業新聞に下記の写真がありました(小型のカタツムリの紹介特集)。
 特別な興味はなかったのですが写真の「オカチョウジガイ」を見て、「えっ、キセルガイとどう違うの…?」と思ってちょっとネットでチェックしたという次第です。

 そしたら、例のウィキペディアで 『…同様に細長い殻をもつキセルガイと混同されることがあるが、オカチョウジガイは右巻きでキセルガイは左巻きなので区別できる…』 とありました。
 で、“巻き貝は原則右巻き”と思っていましたので「えっ、キセルガイって左巻きだったのか…」と私は少なからずビックリしたのです。

 今までキセルガイを見せて「キセルガイ」と紹介したことは何度もありましたが、対象が小さく参加者も余り興味を示さないので右巻きか左巻きをチェックしたことがなかったのです。
 ひょっとしたらオカチョウガイの仲間がいたことがあったかもしれません。今度は巻き方も見てみます。